茶道のお稽古をもっと楽しく。

プレミアム機能を全て使い放題!

お仲間の記録を少しだけ紹介させていただきます。お稽古の紹介

阿部 友暁
千歳盆
今日は志を同じく茶道を学ぶ教室のみなさんと記念写真を撮りました。
お菓子は源 吉兆庵の和風ゼリー「金魚」、見た目もとっても涼しげで味も見た目通り甘くて爽やかでした。
satomin
炉入子点
先輩に誘っていただき人生初の茶道のお茶会へ。
娘を連れて茶道に行ってきましたー!娘より私の方が緊張してしまって恥ずかしかった…
しろねこ
平手前
茶道体験会に参加しました。
・自分より後にお菓子やお茶を飲む方に「お先に」一礼、お茶を淹れてくれた方に「頂戴します」一礼。
・飲み終わりには音を立てて飲む!ズズズッみたいな感じで。
茶道にハマってる旦那の初付き添い!もっと早く連れてって欲しかったな〜。。
いつもお稽古してる茶室?と違う場所でやるらしく、かなり気合入ってる旦那ちゃん。私は私で和服を着られる場所がなかなかないので嬉しいとか笑
いざお点前?になったら旦那ちゃんかっこよすぎて、惚れ直しましたぁ照
吉田 巧
炉つづき薄
久々にオフィスでお茶会を楽しみました。水関係がちょっと大変ですが仕事の合間のお茶会は最高の気分転換になり、作業効率上がります。

茶道のお便り

  • 桜始開さくらはじめてひらく

    春桜の花が咲き始める頃のことです。桜は古来より広く親しまれている、日本を代表する花ですね。桜の品種は沢山ありますが、かつて桜といえば山桜でした。春に紅褐色の新葉とともに淡い紅色の五弁の花を開きます。特に奈...
    >> このお便りを読む
  • 土潤溽暑つちうるおうてむしあつし

    夏二十四節気では大暑の次候にあたるこの候の頃、真夏の蒸し暑さもピークとなります。うだるような暑さが土の水分を蒸発させることを表し、“土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)”。ぐったりするような時期も、古い言葉で聞...
    >> このお便りを読む
  • 水始涸みずはじめてかるる

    秋田んぼから水を抜いて、乾かし始める頃となりました。水田での稲作は水の管理がとても大切です。たとえば、田植えが終わり稲が成長する夏場、中干し(なかぼし)という作業があります。これは田んぼの水を抜き、土の中に酸素...
    >> このお便りを読む
  • 雪下出麦ゆきわたりてむぎのびる

    冬新暦での年明け“1月1日”からは、「雪下出麦」の候。言葉の通りに、雪の下で麦が芽を伸ばしている様を表しています。麦はまたの名を「年越草」とも呼ばれます。これは麦が秋に発芽し、雪の季節をへ経て年を超えてから実り...
    >> このお便りを読む
もっとお便りを見る
四季折々のお便りを毎週!
プレミアム会員だけのサービスです。

どこでも使える茶道事典。茶道事典

お稽古で「茶杓の銘は?」と尋ねられて、「・・・」ということありますよね。
時季に応じた銘をまとめた事典を用意しました。
お気に入り登録、簡単検索、漢字の確認、ビジュアルの確認もできてとても便利です。

便利な茶道事典を使い放題!
プレミアム会員だけのサービスです。

please download this app;)

iPhoneやAndroid向けのアプリも用意しております。
App ios bannerApp android banner
茶道事典・茶道便りが全て見放題!

このお稽古にしおりをつけました。
しおりのページでまとめて見れます。

残りのしおり数を増やすには?