しぎたつさわ

鴫立沢

季節autumn
8,9,10
チドリ目シギ科の鴨が、南へ渡るために水辺からいっせいに飛び立つようす。春秋二回渡来し、河岸、沼沢などに住む鴨は、昔の日本人には馴染みの鳥だった。西行の歌「心なき身にもあはれは知られけり鴨立つ沢の秋の夕暮れ」は、「見渡せば花も紅葉もなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮れ」(藤原定家)「さびしさはその色としもなかりけり槇立つ山の秋の夕暮れ」(寂蓮)と共に三夕の歌として有名。
鴫立沢
茶道事典を見るには、プレミアム会員登録(月額480円)が必要です。

月額 ¥480 で茶道事典がすべて読み放題。ほぼ毎週更新の茶道便りもご覧いただけます。

このお稽古にしおりをつけました。
しおりのページでまとめて見れます。

残りのしおり数を増やすには?