おじか

男鹿

季節autumn
8,9,10
交尾期にある鹿が呼び交わす声は、哀愁を感じさせる秋の風情として、紅葉と取り合わせて歌に詠まれてきた。「奥山に紅葉むみわけ鳴く鹿のこえきくどきぞ秋はかなしき」(古今和歌集・読人知らず)。鹿の異称に、「紅葉鳥」がある。「しぐれふる龍田の山のもみぢの衣きてや鳴くらん」(蔵玉和歌集)
男鹿
茶道事典を見るには、プレミアム会員登録(月額480円)が必要です。

月額 ¥480 で茶道事典がすべて読み放題。ほぼ毎週更新の茶道便りもご覧いただけます。

このお稽古にしおりをつけました。
しおりのページでまとめて見れます。

残りのしおり数を増やすには?