ともまちゆき

友待雪

季節winter
11,12,1
次の雪が降るまで消えず消えずに残っている雪のこと。「降そめて友待つ雪は待ちつけつ宿こそ最も跡絶えにけれ」(続古今和歌集・藤原俊成)「春の日のうららに照す垣ねには友待つ雪ぞ消えがてにする」(続後撰和歌集・藤原俊成)
友待雪
茶道事典を見るには、プレミアム会員登録(月額480円)が必要です。

月額 ¥480 で茶道事典がすべて読み放題。ほぼ毎週更新の茶道便りもご覧いただけます。

このお稽古にしおりをつけました。
しおりのページでまとめて見れます。

残りのしおり数を増やすには?