おみずとり

お水取り

季節spring
2,3
奈良東大寺二月堂で毎年2月に修する法会「修二会」の行の一部。行中の3月12日深夜(13日の午前1時半頃)に、若狭井という井戸から本尊の十一面観音に供える「お香水」を組み上げる。また、この行を勤める練行衆の道を照らすために大きな松明に火を灯すことから、「お水取り」「お松明」とも呼ばれている。本尊に供える花は、開山堂近くにある「糊こぼし」「老弁椿」と呼ばれる白斑入りの紅椿を模して、赤と白の和紙で作られる。
お水取り
茶道事典を見るには、プレミアム会員登録(月額480円)が必要です。

月額 ¥480 で茶道事典がすべて読み放題。ほぼ毎週更新の茶道便りもご覧いただけます。

このお稽古にしおりをつけました。
しおりのページでまとめて見れます。

残りのしおり数を増やすには?