さぎちょう

左義長

季節new_year
1
小正月(1月15日)に門松や注連飾りなどを焼く行事。その火で母だを温めると災難を免れ若返るとされる。また、その火で焼いた餅や団子を食べると、病気にならないともいう。元来は、1月15日と18日に御所の清涼殿の東庭で行われた火祭り。青竹を束ねて立て、毬打(毬を打って遊ぶ木槌)を三本結び、この上に吉書(年始に天皇に奉る文書)や扇子などを添えて焼いた。この三毬打が左義長の語源とされるが、全国的にはどんど焼と呼ばれている。
左義長
茶道事典を見るには、プレミアム会員登録(月額480円)が必要です。

月額 ¥480 で茶道事典がすべて読み放題。ほぼ毎週更新の茶道便りもご覧いただけます。

このお稽古にしおりをつけました。
しおりのページでまとめて見れます。

残りのしおり数を増やすには?