かくじゅ

鶴寿

季節always
1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12
「鶴は千年、亀は万年」の寿命を保つという謂れから、長寿、長生きのこと。鶴の一鳴きはあたりに鋭く響くところから、権力者の一言を「鶴の一声」という。また、尊敬する人や相手のことばの尊称として「鶴声」の語がある。
鶴寿
茶道事典を見るには、プレミアム会員登録(月額480円)が必要です。

月額 ¥480 で茶道事典がすべて読み放題。ほぼ毎週更新の茶道便りもご覧いただけます。

このお稽古にしおりをつけました。
しおりのページでまとめて見れます。

残りのしおり数を増やすには?