あみだどうがま

阿弥陀堂釜

繰口で肩が少し角張っており、鐶付はその肩についている。胴はほぼ直線的で地紋はなく、羽は落してある。利休好みで、最初の物は釜師・辻与次郎に作らせたといわれている。名前の由来は、有馬(兵庫県)の阿弥陀堂の僧侶から利休に釜の意匠の注文があったことから付けられたともいわれているが、定説ではない。

阿弥陀堂釜

lady-white

茶道事典を見るには、プレミアム会員登録(月額480円)が必要です。

月額 ¥480 で茶道事典がすべて読み放題。ほぼ毎週更新の茶道便りもご覧いただけます。

このお稽古にしおりをつけました。
しおりのページでまとめて見れます。

残りのしおり数を増やすには?