じゅうもんじがま

十文字釜

胴部が十文字形の縦長の釜、長い甑口(こしきぐち)に十字形の胴を合わせたもの、また十字が文様や鐶付に用いられた釜などがある。安土桃山時代から江戸時代前期にかけて作られた。十字キリシタン釜ともいう。

十文字釜

lady-white

茶道事典を見るには、プレミアム会員登録(月額480円)が必要です。

月額 ¥480 で茶道事典がすべて読み放題。ほぼ毎週更新の茶道便りもご覧いただけます。

このお稽古にしおりをつけました。
しおりのページでまとめて見れます。

残りのしおり数を増やすには?