しんなりがま

真形釜

茶湯釜のもっとも基本的な形態の意味。繰口で、丸みを持って下部へ張りだし、丸底で煙返し、鬼面鐶付で、通常胴部に霰や文様がある。真形の言葉は釜の種類が増えた天文年間(1532~1555)以後に確立されたと伝えられる。芦屋釜はこの形が多い。

真形釜

lady-white

茶道事典を見るには、プレミアム会員登録(月額480円)が必要です。

月額 ¥480 で茶道事典がすべて読み放題。ほぼ毎週更新の茶道便りもご覧いただけます。

このお稽古にしおりをつけました。
しおりのページでまとめて見れます。

残りのしおり数を増やすには?