せめひもがま

責紐釜

かつて身分の高い人に献茶する時、口の近くについている鐶付の穴に紐を通し、蓋のつまみに結んで封印したことの名残が名前となっている。天命釜に始まるとされる。

責紐釜

lady-white

茶道事典を見るには、プレミアム会員登録(月額480円)が必要です。

月額 ¥480 で茶道事典がすべて読み放題。ほぼ毎週更新の茶道便りもご覧いただけます。

このお稽古にしおりをつけました。
しおりのページでまとめて見れます。

残りのしおり数を増やすには?