だるまどうがま

達磨堂釜

撫で四方釜の形で、尾垂れになっており、肩に玉縁があり、香炉耳、共蓋。「達磨堂」の文字を一面に陽出したものがある。名前は、京都の高桐院の中に清巌和尚が建てた達磨堂があり、その堂内の香炉を釜にしたことに由来するという。

達磨堂釜

lady-white

茶道事典を見るには、プレミアム会員登録(月額480円)が必要です。

月額 ¥480 で茶道事典がすべて読み放題。ほぼ毎週更新の茶道便りもご覧いただけます。

このお稽古にしおりをつけました。
しおりのページでまとめて見れます。

残りのしおり数を増やすには?