つるくびがま

鶴首釜

丸い胴で、釜の口造りが細長く、上に向かって伸びた形の釜。その形を鶴の首のようにみたてた名称だが、鶴首花入ほどに極端な長さではない。紹鴎好みや利休好みがあり、昔から好んで作られている。

鶴首釜

lady-white

茶道事典を見るには、プレミアム会員登録(月額480円)が必要です。

月額 ¥480 で茶道事典がすべて読み放題。ほぼ毎週更新の茶道便りもご覧いただけます。

このお稽古にしおりをつけました。
しおりのページでまとめて見れます。

残りのしおり数を増やすには?