ふじがま

富士釜

口が小さく裾広がりで、釜の形が全体として富士山を思わせるところから付けられた名前。古くから作られてきた形で、芦屋釜や天命釜にすでにみられる。天正・慶長以後のものには霰や霙のものが多い。

富士釜

lady-white

茶道事典を見るには、プレミアム会員登録(月額480円)が必要です。

月額 ¥480 で茶道事典がすべて読み放題。ほぼ毎週更新の茶道便りもご覧いただけます。

このお稽古にしおりをつけました。
しおりのページでまとめて見れます。

残りのしおり数を増やすには?