まるがま

丸釜

釜の形状が丸形のもの。ただ、日の丸釜ほどは丸くはない。天命釜に多くみられる。京釜では利休好みの辻与次郎作のものがある。そのほか、弟子の弥四郎や藤左衛門にも佳作がある。茶人に広く愛好された。

丸釜

lady-white

茶道事典を見るには、プレミアム会員登録(月額480円)が必要です。

月額 ¥480 で茶道事典がすべて読み放題。ほぼ毎週更新の茶道便りもご覧いただけます。

このお稽古にしおりをつけました。
しおりのページでまとめて見れます。

残りのしおり数を増やすには?