よほうがま

四方釜

胴部が四角形の釜。古くは芦屋や天命釜にもみられるが、辻与次郎や弟子の弥四郎、藤左衛門などの釜師によって多く作られた。大きいものは少庵好み、小さいものは宗旦好みとされる。

四方釜

lady-white

茶道事典を見るには、プレミアム会員登録(月額480円)が必要です。

月額 ¥480 で茶道事典がすべて読み放題。ほぼ毎週更新の茶道便りもご覧いただけます。

このお稽古にしおりをつけました。
しおりのページでまとめて見れます。

残りのしおり数を増やすには?