かみなりすなわち こえをおさむ
秋分-雷乃収声

新暦9月18日 から9月22日
公開日:2018年9月23日

 夏の日、あんなに騒がしかった雷の音が鳴り響かなくなってきました。大気が安定した秋空になり、空には鰯雲が泳いでいます。いよいよ本格的な秋の到来です。
 秋の空を表わした言葉がいくつかあります。「清秋(せいしゅう)」は空が澄んで空気が清らかな秋を表現した言葉で、旧暦の8月の異称です。「秋高し」「天高し」「秋天」はいずれも空気が澄んで空が高く感じられることからの言葉です。
 この候は二十四節気の秋分の初候にあたります。秋分とは春分の時と同じく昼と夜の長さが同じになる日のことです。この時季を境にだんだんと日が短くなり、秋が深まっていきます。

茶趣・行事ごと

【秋の社日(あきのしゃにち)】

 春分と秋分に最も近い戊 (つちのえ) の日のことで、春と秋と二回あります。春分に近い戊の日を春の社日、秋分に近い戊の日を秋の社日といいます。「社」というのは土地の神さまのことで、昔からこの日は氏神さまにお参りする習わしがありました。春の社日に山から下りてきた神さまは、田畑の作物を成長させて、秋の社日の日に山へ帰っていくと言い伝えられてきました。そのため、春の社日には五穀豊穣を願い、秋の社日には作物が実ったことを感謝してのお礼参りでした。社日は土の神さまをまつるものなので、現代でもこの日は農作業など、土をいじることを忌む風習が各地に見られます。
 田畑の恵みを美味しくいただく人たちも、農家の方々の一年の労苦を思い、大地や農業の神さまへの感謝の気持ちを忘れないようにしたいですね。

季節のお菓子、食べ物

【銀杏(ぎんなん)】

 銀杏は公孫樹(いちょう)の実です。公孫樹は雌雄異株で、10月中旬から下旬に雌木に独特の臭みがある実が熟します。銀杏として食べる部分は実の中の胚芽の部分です。
 おもな成分は糖質、たんぱく質、脂質などのほかに、カロチンやビタミンCも比較的多く含んでいます。カロチンは感染症の予防に、ビタミンCは風邪の予防に効果ありますので、急に気温が下がって風邪をひきやすいこの時季に摂取したい食べ物ですね。
 殻をむいて塩焼きや塩茹でにしたり、茶わん蒸しやなべ物に入れたりして、独特の風味と歯ざわりを楽しめます。

茶花、季節の植物

【数珠玉(じゅずだま)】

 熱帯アジア原産のイネ科の大型多年草です。唐麦(とうむぎ)ともいいます。古く日本へ渡来し、日本各地の小川のふちや田や池などの水辺近くに自生しています。高さ1~1.5mに達し、茎は直立して枝分かれします。葉は細長く縁がざらついています。初秋に葉の付け根に雌花と雄花の穂を出し、卵形で光沢のある灰白色から黒色の硬い実をつけます。実の中央に穴が通っていて、ひもを通してつなげることができます。名前の由来は、その光沢のある実で数珠を作ったことから数珠玉の名がつきました。地域によってつしだま、じゅずこ、ずずこ、ずずだまなどとも呼ばれます。かつて、昭和の子どもたちは野遊びで首飾りにしてよく遊んだそうです。
 茶花としては、8月ごろに咲く雌雄の穂状の花も、また実がなった状態のものも利用できます。花入はなるべく粗いものがふさわしく、また、根締めには色ものの草花を取り合わせるのがよいようです。

茶の趣向・心配り

掛物

【深雲古寺鐘(しんうん こじのかね)】

 この言葉は絶海中津(ぜっかいちゅうしん・南北朝~室町時代初期の臨済宗の僧、詩人)の詩の中の句で「流水寒山路、深雲古寺鐘」(りゅうすいかんざんのみち、深雲古寺の鐘)と対句になっています。意味は、山の奥、渓流に沿った道をたどって行くと、白い雲がかかった遠い山奥の寺からかすかに鐘の音が聞こえてくる」という様子を詠んでいます。深山の静かな情景が目に浮かぶ、この季節によくあった言葉ではないでしょうか。

茶碗

【武蔵野(むさしの)】

 武蔵野は土地としては関東の平地のことを指しますが、銘としては「月の名所」や「果てのない原野」といった意味をもちます。万葉集や古今和歌集にもその名がうかがえ、総じてそのイメージは広い荒野といったものです。草より他になにもない、だからこそ月がことのほか映えて見える、として月の名所として代表的になりました。
 武蔵野の名を持つ茶碗は、大きく描かれた月が印象的です。余計なものが無いときこそ、美しいものがより際立って見えることを明示してくれています。

 「嵯峨野」は京都市右京区西部一帯のことを指しますが、この辺りは古くから芒や萩など秋の草花が多く見られ、虫の音や月の名所でもあることから、秋を代表する歌枕となっています。
 またかつて貴族たちの散策の場でもあり、別邸も設けられたりと、多くの物語にも登場するゆかりの場所が多くあります。秋の紅葉の名所、「小倉山」もその一つで、茶碗や茶杓の銘にあります。

全てのお便りの一覧へ
このお便りの先頭へ

このお稽古にしおりをつけました。
しおりのページでまとめて見れます。

残りのしおり数を増やすには?